スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

身障手帳返してきました!

身障手帳を区役所に返してきました。


私の持っていた手帳の内容は
小腸機能障害の4級(1種)というものでした。
一定量以上の栄養を鼻注で補っていた(それだけ食事をしていなかった)状態が
半年以上続いたので、「障害固定」として認められました。
ただし3年後に再判定 要 という条件つきで。
取得したのが2年前だったので、再判定は待っていれば来年の予定でした。

ほんとうはレミケの効果が現れて3食OKになった時点で返すべきだったのかもしれません。
でも、レミケをして最初は「またいつ鼻注に戻るかわからない」とずっと疑っていました。

体の状態が悪かったことで周囲に優しくしてもらってた事が気に障った人たちから意地悪をされたり、仲間はずれにされたこともありました。そのとき必死だった私は、「頑張ってるのにどうしてこんな目に遭うの?」とそれを受け入れることができませんでした。

食べられないものが多かったせいで、ご飯を食べに行くとき非常に気を遣っていたこともありました。
食べるものの事とか、一緒に食べに行く人に対して。
それがしんどくなって他人とご飯を食べに行くことを避けていた事もありました。


以上のようなネガティブ感から(´_`)
素直に手帳を返す気持ちになれませんでした。
でも「やっぱり返さなくていいんだろうか?」というやましい気持ちもあったので
手帳をくれた人に相談してみました。

「手帳を申請した時よりも体の状態がよくなった時は、返さないとダメですか?」と直球で。


その人は、穏やかにこう言ってくれました。


「ゆかりさんが、「損してる」と思っているうちは返さなくていいですよ。」


正直、「返して」と言われると思っていたので意外でした。
「え、ホンマにいいの?」と。
振り返って思えば、そう言ってくれた事に対して本当に感謝でいっぱいです。

そして、今
7階にある職場まで1階から階段のみで登りきることができるようになりました☆
鼻注時代は、ちょっとした坂道だけで息が切れていたのに…
その時代に比べたらすごい進歩です(T∇T)

他人と食事も、わりと普通に行けるようになりました。
多少食べるものに気をつける程度で、カベを作らず楽しめるまでに復活しました(*^∇゜)v

できる事が増えてきて、劣等感を感じなくなってきました。
病気になった当初は、劣等感を通り越して「自分にはできないんだ」という諦めの境地でしたが。。


素直に「もう返さなきゃ」という気持ちになりました。

交通割引や、映画館・美術館・海遊館wなどの施設入場料割引、いろいろとお世話になりました。
(東京タワーなんていうのもありました。)
ありがとう、手帳w そして、さようなら★
助けられた分、これから頑張っていきたいと思います!!
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:6 | BACK TO TOP |

コメント

ゆかりちゃんの日記を読んで考えさせられました。

私もレミケで元気を取り戻しました。
一番調子が悪いときは、手帳は最後の砦・・・というか、
少し正直後ろめたい気持ちもあって、取っていませんでした。

ほんとに困っているひとのためのもの・・

わたしはどうなのか・・・


大阪市のように電車バスがタダになったりっていうのはないけど、手帳を持っていたら外来に行くときの高速代が助かっています。
あと、横浜の病院に行く時の交通費は助かります。

2008/03/26(水) 23:19:17 | URL | pusa #-[ 編集]
色々と考えさせられました
身障手帳を返す気持ちになったのは体の調子がいい証拠。とても良いことだと思います。

僕も身障手帳返そうかという気持ちになるくらい体の調子がよくなりたいですね。
現状は「損してる」という気持ちのほうが強いので。
2008/03/27(木) 00:44:00 | URL | イコたん #199HUcSE[ 編集]
素敵です
素敵です。
仕事柄から考えても妥当なのかもね。

大阪府かで、今までに自ら身障手帳を返した人は、
確か一人か二人だったように思います。

障害者手帳を返さない理由の一つに、一度返すと
二度と申請できないと思っている人が殆どなんですよ。

受け渡す時に、役所でキッチリと説明すればいいのにね。

体調が良くって何よりです。
以後も、ずっと安定していれば良いですね。
2008/03/27(木) 06:39:36 | URL | ツボッチ #-[ 編集]
手帳、返されたんですね
レミケで体調が良くなって良かったですね
僕もレミケで体調が安定しました
障害者手帳って、規定が分からないですね
鼻注はもらえて、経口は駄目?
前から不思議に思ってます
でも、体調が落ち着いて、制限が少しでも緩やかになればいいですね
これからも、いい状態でいられますように
2008/03/27(木) 21:49:03 | URL | SHU #-[ 編集]
素直に返す気持ちになれてよかったですね♪

病気をとりまく環境はいろいろですね。私は、クローンじゃなかったら、こんなに周りの人に大切にされていることに気づかなかったと思います。今のところ、損をしている感じはありません。(なので、今の職場から異動するのが怖いですぅ~)

でも、クローンだから、私達は知り合えた。これは、まぎれもない嬉しい事実ですね♪
2008/03/28(金) 21:02:46 | URL | えふいー #90AqmUuY[ 編集]
>pusaちゃん
考え始めたら、難しい問題やんね。
持ってることは悪くないことだと思うよ。
困ってるひとの手助けをするためのものだから…
ただ、持ってることに違和感を感じたから返した。
エレン全く飲んでなくて、再燃もしてないから。

住んでるところによって割引率が違ったり、駐禁除外になったり紛らわしいよね(ー"ー )
高速代金とか遠くへ行くときの電車割引は大きいよね★
通院に使う代金は助成してもらって全然イイと思います。
クローンをきちんと診てもらえる病院ってそうそうあるものではないもんね。

>イコたんさん
体の調子がいいことには本当に感謝しています。
本当は、みんなよくなりたいって思ってますもんね!
はやく完治できる薬ができてほしいですね。
お体大切にしてください。

>ツボッチさん
褒めていただいてありがとうございます。
むしろ返さなかったことのほうにちょっと罪悪感を感じていたので私の実感としてはホッとしてる、のが正直な思いです。
一度返すと二度と申請できないだなんて…
あきらめず何回も申請出されている方もたまにいます。
事情は人それぞれですから。
ただ、・同じ医者に診断書を書いてもらうことが難しい。
   ・診断書もお金がかかる。
   ・望ましい診断書を書いてくれる先生を自分で見つけるのは難しい。
こういった理由で、ワンチャンスになってしまう方は多いんじゃないかと思います。
安定キープ、したいですね。

>SHUさん
>鼻注はもらえて、経口は駄目?
たしかにおかしいですよね!!
やってる事は結果一緒なのに。
SHUさんの体調安定も長続きしますように(*^ー^*)

>えふいーさん
私も、えふいーさんと知り合えて嬉しいです(=´∇`=)
いつかお会いできるといいですね♪
クローンであることでわかる、周りの人からいかに大切にされてるか。
病気になってわかる幸せですよね。
きっとえふいーさんの人柄がいいおかげもあるんじゃないでしょうかv-10
2008/03/29(土) 14:40:05 | URL | ゆかり #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

yukari (ゆかり)

Author:yukari (ゆかり)
3.16生 うお座
血液型:A型

*略歴*
5年前、原因不明の下痢に始まって毎晩の発熱・体重減少が続いたため、病院に通うも何の病気かわからず半年が過ぎる。検査入院でやっとクローン病という病気と診断され、それからこの病気とおつきあいする日々が始まったのでした。

小腸大腸型だが、主に小腸に潰瘍有。

検査歴:胃カメラ、小腸二重造影
    大腸内視鏡、小腸内視鏡

小腸カプセルカメラを飲んだこともありましたが、半年間排出されずに、口から内視鏡を入れて取りにいってもらいました…(T_T)

転院歴アリ。

クローン病アクセスランキングに参加しています。クリックをお願いします!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。