スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

写真展 その後

私に衝撃を与えた4日間の写真展は、好評のうちに無事終了することができました。

市長さんが来られたり、

テレビのニュースで(短くだったけど)紹介されたり、

新聞に掲載されたり・・・

子どもたちの笑顔のパワーは、いろんなカベを壊してくれました。

主催者はそもそも、実際に管につながれて在宅で生活している子どもの家に行って初めて、本人や家族が置かれている状況を理解したという役所のベテラン職員の方の一言で、この写真展を開くことを思いついたそうです。
その決断が間違ってなかった事が証明されたと言えそうです。

メディアに取り上げられたおかげで、遠方からも沢山の方が来てくれました。
「テレビや新聞を見て来ました。」と言って来られた方もいました。
障害児施設で団体として見学に来られた方たちから、一見なんの関係もなさそうなスーツ姿のサラリーマンさんまで色んな方が訪れていました。
主催者の方は常に来場してくれた方の対応をしていて、とても忙しそうでした。

養護学校や障害者施設の先生方も来られていて
写真展を見た小学校の先生から、「うちの学校でもぜひ写真展を開いてほしい」という声も寄せられました。

来てくれた人は様々な感想を持って帰られたことだと思います。
アンケートを取っていて、少し拝見させてもらったのですが
「自分も難病で、写真展を見たことで勇気づけられました。」というコメントを発見したときは少し嬉しくなりました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

私にとってもいろいろあった4日間でした。


もともとこのお仕事は上司と2人でやっていたものでしたが、途中で上司が異動になってしまいました。
その上司が3日目の朝に忙しいスケジュールの合間を縫って来てくれて、私に

「やっと日の目を見られてよかったな。今度飲みに行こう。」と言ってくれました。

仕事で認めてくれた、初めての経験だったので思わず涙腺がゆるみかけました・・・


また、主催者の代表の方と私がミクシィで繋がっているあるお方が、実は知り合い同士という事がわかり、急遽そのマイミクさんをお誘いして来てもらっちゃいました☆
私は、そのマイミクさんと実際にお会いした事がなくて代表の方に「どの方ですか?」と聞いて、「???」な顔をされました(^_^;)そりゃそうですよね。

初めて会ったマイミクさんは、身長が高くてさわやかさんな感じでした(=´∇`=)
テンション上がってw、思わず話込んでしまいした。
その方もクローンさんだったので、初対面なのにフランクに話ができたから不思議です。

主催者の方は過去にマイミクさんにお世話になったことがあるらしく、人ってどこでどう繋がっているかわからない、そんな奇跡が楽しかったです。

わざわざ立ち寄ってくださってありがとうございました!


写真展が終了して、片付けを終えると体中の力が抜けてぐったり・・・。
イベントを無事に終了させることや、普段関わりのない上層部の偉い方々との関わり、もっと関わりのないテレビや新聞への対応は緊張の連続でした。
テンションが上がっていたので、イベント中は「次は何が起こるんだろう♪」と次々やってくるハプニングにもワクワクしながら対応していましたが、終わってみるとやっぱり疲れましたね。

いいお仕事が出来て、よかったと思います\( ⌒▽⌒ )/
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:5 | BACK TO TOP |

コメント

お疲れ様でした。

重複障害を抱えているお母さまが方って素敵な
良い顔しているしとって多いでしょ。

特に今回のようなイベントに参加される方はね。

あの子達が何を持って、何を伝えにこの世の中に
生まれてきたのか、大切な意味や伝言がいっぱい
含まれているのをもうゆかりさんは充分に気が付いて
いるのですよね。

素敵なメッセージをいっぱいくれているでしょ。
生きるという意味、いっぱい伝えてくれているような
気がしています。
2008/06/01(日) 06:50:33 | URL | ツボッチ #-[ 編集]
ゆかりさんのがんばっていた仕事って、このお仕事だったんですね。

素敵なメッセージのこもった写真を提供してくれた子供たちに感謝ですね。

お疲れ様でした。

2008/06/01(日) 16:38:42 | URL | えふいー #90AqmUuY[ 編集]
>ツボッチさん
すべて受けとめきれているのかはわかりませんが、
あの子どもたちは凄いんだというのは十分伝わってきました。
大人を動かすのは、子どもなのかもしれませんね。

>えふいーさん
今回のお仕事は、日々やっていることの一環でしかありませんが、心に強く残るものになりました。
子供たちには本当に感謝したいです。
ありがとうございますv-10
2008/06/02(月) 23:20:41 | URL | ゆかり #-[ 編集]
仕事を立派にやり遂げて、満足感にひたっておられることでしょう。お疲れ様でした。

そうなんですよね。我々よりもずっと厳しい環境で生き抜いている子供たちがたくさんいる。日ごろいろいろな場面で愚痴っている自分がいますが、恥ずかしくなりますね。

もちろん人間なので時には崩れてもよいわけですが・・・。
2008/06/03(火) 20:13:56 | URL | denca #-[ 編集]
>dencaさん
もちろん喜怒哀楽があっていいと思いますよ、というか崩れない人ってかえって怖いです。
ただ、へこたれそうになったときにこの子どもたちの事を思い出せば少しは強くなれるのかな…とは思いますね。
2008/06/07(土) 00:18:05 | URL | ゆかり #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

yukari (ゆかり)

Author:yukari (ゆかり)
3.16生 うお座
血液型:A型

*略歴*
5年前、原因不明の下痢に始まって毎晩の発熱・体重減少が続いたため、病院に通うも何の病気かわからず半年が過ぎる。検査入院でやっとクローン病という病気と診断され、それからこの病気とおつきあいする日々が始まったのでした。

小腸大腸型だが、主に小腸に潰瘍有。

検査歴:胃カメラ、小腸二重造影
    大腸内視鏡、小腸内視鏡

小腸カプセルカメラを飲んだこともありましたが、半年間排出されずに、口から内視鏡を入れて取りにいってもらいました…(T_T)

転院歴アリ。

クローン病アクセスランキングに参加しています。クリックをお願いします!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。