スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

今、会いに・・・行ってきました♪

12月24日、イブの夜。
以前、CCJAPANからCDをプレゼントしてもらった安達久美さんのライブに行ってきました♪(こちら)


むちゃくちゃカッコよかったです!!


勇気をもらいました。
失礼な話かもしれませんが、病気のことでウジウジしてる自分が嫌になった。

女性なのに(失礼?)、すごい太くてパワフルな音。
凄腕の殿方ギタリストたちと互角に渡りあってるし。
ギターソロもぐいぐい鳴らしちゃってました☆そして・・・


ソロオンステージの途中

なんと客席に歩いてきました。


そして私の目の前でツイストしながらソロ続き!!v(≧∇≦)v



手を伸ばせば届く距離でした。
さすがにできませんでしたけどっ(汗)



彼女は本当に凄かったデス。
見たらきっとファンになりますよ( ̄+ー ̄)
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

診察日~12月19日(水)~

今日は2ヶ月に1回の診察日。
レミケの点滴をうちに朝一番でI大病院に行く。

いつもどおりレミケの点滴をうつため、しばらく待つ・・・
・・・準備になかなか時間がかかる(-""-;)


レミケ後の診察にて、血液検査の結果をきく。
CRPは0.08
白血球数も正常範囲内。
きわめて絶好調だ♪

この時点で午後1時。
先生に思い切って聞いてみた。

「午後から仕事に行けるようにしたいので、もうすこしレミケの準備を早めてもらえませんか?」

すると先生は、

「う~ん・・・難しいですね。。。
というのは、朝一番にゆかりさんの様子を見てから投薬するかを判断して、
それから看護師に指示をだして地価倉庫まで薬を取りに行ってもらってから点滴液を作ってますので。
ただ、できるだけ患者さんのQOLを高めるということはしていきたいので今後の課題として考えておきます。」

悩みながら、答えてくれた。
いつもながらとっても真面目で誠実な回答( ^ー゜)b

投薬にも、お医者さんの指示がいるんだぁ。


━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
最近のI大病院の会計支払はカード払いができるようになって
とっても便利になりました(≧∇≦)ъ
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

WRAP ~元気回復プラン~

クローンとの付き合い方に役に立ちそうだと思ったので拾ってきました。

WRAPの正式名称はWellness Recovery Action Planといって
障害の方がリカバリー(元気回復)するのに役立つツールのことだそうです。

5つの考え方のもとに成り立っています。

1.希望
  ・・・リカバリーへの扉を開ける鍵
  ○元気になれる希望がある
  ○目標に向かって前進し、達成することができる
  ○将来に対して悲観的になることはない
  ○リカバリーは可能であるということ
2.責任をもつこと
  ・・・何が必要かは自分が一番わかっているということ
  ○自分自身の健康や生活に対して、責任を持つこと
  ○それは、失ってしまったコントロールする力を取り戻すことも意味する
3.学ぶこと
  ・・・知ること、学ぶことで、自分にとって適切な決定をすることができる
    具体的方法としては、本や資料を読んだり、体験した人と語ったり
4.自分の権利を守ること
  ○自分自身を知ること
  ○自分の権利を知り、尊重されること
  ○目標を設定し、それらに向かって前進すること
5.サポート

これらの考え方をふまえて以下6つのプランを作って実際の生活に役立てます。

1.日常生活管理プラン
  →元気でいるために毎日あるいは、時々すること

  たとえば、暴飲暴食はしない。
  定期的に運動をして病気に負けない体をつくる、とか。

2.引き金になる出来事に対処するプラン
  →自分の周囲で起こっていることで、調子を崩すきっかけになり得る出来事や状況への対応作
  
  飲み会で飲みすぎ・食べすぎた→次の日絶食する
  仕事でストレスが溜まっていると感じる→自分の好きなことをする(例えば音楽を聴く、とか)

3.注意サインに対処するプラン
  →自分の内側で起こっている異変のサインに気づいたときの対処法
  
  お腹がグルグル鳴っている→消化の悪いものは避けるようにする
  熱っぽい→なるべく安静を心がけるようにする

4.調子が悪くなってきているときのプラン
  →日々健康に役立つプランを実行して努力してきたけれど、具合が悪くなってきていて状況が深刻だと感じ始めるときの対応策。まだ自分で何かできる状態のとき。
 
  痩せてきた上に下痢・熱がある→病院へ行き、主治医に相談する
                     入院した場合の方策を考える

5.クライシスプラン(緊急状況への対応)
  →自分のケアの責任を他者にゆだねなければならない緊急状況への対処法
   ※自分が元気なうちにつくっておくこと
  
  緊急入院先を決めておくこと、救急車の搬送先を他人にわかるようにしておくこと
  入院した場合、世話をしてくれる人を確保しておくこと

6.緊急状況を脱したときのプラン
  →通常の生活に戻るために、緊急状況を脱した後の癒しの時期にすること
   緊急状況の後遺症があることが予想される。リハビリ期間。
  
  鼻注や注腸、クスリの服薬
  少しずつ、外へ出るようにする(無理はしない)
  徐々に以前のおつきあいを取り戻していく


私なりにクローンとリンクさせてみましたが、参考になりましたでしょうか?
自分に当てはめてみると頭の整理になりました。
行き詰ったらぜひ試されてはいかがでしょうか。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

CCJAPANからの贈り物

CCJAPANから1枚のCDが届きました。

安達久美



なんと当選者1名の狭き門である読者プレゼントに当選したのです!!v(≧∇≦)v♪

こんなの当たったのは初めて☆


安達久美さんは、CCJAPAN40号の「人 自分主義」のコーナーで紹介されていた女性ギタリストさんです。
歳は私とあまり変わらず、出身地も同じ大阪だということでなんとなく親近感を感じてしまいました。
安達久美クラブパンゲアは、
安達久美さん、元T-SQUAREのドラマー 則竹裕之氏、ナニワエキスプレスでベースマン、コブクロのプロデューサーでもある清水興氏らという日本を代表するような凄い方々で形成されているインストバンド。
さっそくCDを聴いてみましたが、やっぱりというか
めちゃくちゃカッコよかったです・・・

安達久美さんの女性とは思えないパワフルなギターが素敵です( ^ー゜)b
そして、「ダンジリファンク」もw
私の町よりもだんじりが盛んな泉州地域のご出身だそうですが・・・www


絶対、いつか、ライブ行きます!!

それにしても、クローン関係でこんな素敵なミュージシャンさんと出会えるだなんて思ってもいませんでしたm(゜▽゜)m
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

yukari (ゆかり)

Author:yukari (ゆかり)
3.16生 うお座
血液型:A型

*略歴*
5年前、原因不明の下痢に始まって毎晩の発熱・体重減少が続いたため、病院に通うも何の病気かわからず半年が過ぎる。検査入院でやっとクローン病という病気と診断され、それからこの病気とおつきあいする日々が始まったのでした。

小腸大腸型だが、主に小腸に潰瘍有。

検査歴:胃カメラ、小腸二重造影
    大腸内視鏡、小腸内視鏡

小腸カプセルカメラを飲んだこともありましたが、半年間排出されずに、口から内視鏡を入れて取りにいってもらいました…(T_T)

転院歴アリ。

クローン病アクセスランキングに参加しています。クリックをお願いします!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。