スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

鼻注でダイエット(笑)

なんか連続で鼻注ネタw


最近のこと。


仕事場の更衣室で着替えをしていたら
私のお腹を見た上司から、

「妊婦さん?」


というコメントを頂戴してしまいました・・・Σ( ̄ロ ̄lll) 


かなりショックですw
クローンだし、「太る」なんていう発想が自分の中にはなかったのだけど。


痩せててもずっとお腹だけ出てたから、
そのせいもあるのかな?


でも、


毎朝、鏡を見てるんだけど心なしか最近
顔がますます丸くなったような・・・。


やっぱり太った?


クローン病は、再燃して痩せだすと治りが遅いって言うから
「太れるうちに太ったほうがいい」とのことらしいけど、

オンナノコとしてはやっぱりスリムでありたい(^_^;)


決めました。


ダイエットします。
鼻注減らしてww



これだけで痩せたらスゴイな~。
翌月が楽しみw

もちろん、体調が悪くなったら中止ですけど。

続きを読む
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:10 | BACK TO TOP |

今日の鼻注ヤな感じ…

ポンプ



平日毎晩やっている鼻注。
「在宅経管栄養療法」なんていう立派な名前もついていて実はたいそうな先端技術らしいが、たまに困ったちゃんになる( ̄へ ̄;

たとえば、チューブとカテーテルの接合不良でいつまでたっても液が漏れてきちんと胃腸に届かない、とか。
この間はそれで3本、カテーテルをボツにした。
頑張って、3本も鼻から管通したのに・・・(O.;)
さすがに、4本目を飲み込む気にはなれず、その日は鼻注中止。


ある日のこと。
朝起きて、鼻からスルスルっと抜いたチューブ(カテーテル)の先がなんだか赤く染まっていた。
「ヤバイ、出血!?Σ( ̄口 ̄;;」
と非常に焦ったが、ジッと凝視すると血とはちがう匂いがした。

「ん?この匂いは…」

前の晩、私は○んぞく君のミートソースを食べていた。
色も血というよりかは、なんとなくオレンジっぽかった(笑)


いくら洗っても、○んぞく君の匂いとオレンジ色は取れなかった・・・(;_______;)



クローンのみなさん、ミートソース食べた次の日の鼻注には気をつけましょうねww

続きを読む
| trackback:0 | commnet:10 | BACK TO TOP |

ラコール全種類制覇♪

いつも私が食事の代わりに飲んでいるラコールだが、今まではミルク味のみ病院から処方されていた。
しかし、ミルクの他にコーヒーバナナという味があるらしく、主治医に「処方してもらえませんか?」と聞いてみたところ、あっさりOKだったので(院内処方だと制約があるらしいが)薬局に取り寄せしてもらった。
家に持ち帰り、さっそく試飲してみる。

◎コーヒー味
コーヒー


◎バナナ味
バナナ


コップに入れてみたら両方とも同じように見えたw
それぞれ、風味はしっかりついていたので間違えて飲むということはなさそうだったけど。

さて、お味のほうはというと。。

どちらも甘すぎず、けっこうイケる(*^。^*)

あえて言うなら、バナナ>コーヒー>ミルクだろうか。
ミルク味がいちばん甘い。
ちなみに、ミルク味にコーヒーフレーバー(粉)を入れたものとコーヒー味との違いは、コーヒー牛乳飲料と本物のコーヒーにミルクを入れたものとの違いみたいなものだろうか。

ちなみにどれも1袋220円らしい。
昼食代としては安いかな♪
400cc飲んだら440円と割高になるが(^_^;)
続きを読む
| trackback:0 | commnet:10 | BACK TO TOP |

鼻チューしています☆

ポンプ

クローン病といえば、食事の代わりに栄養剤をとることがわりかしメジャーとされている。
しかし、この栄養剤(エレンタール)が非常にまずくて、私は口からは全く飲むことができずに毎晩鼻から細いチューブを胃まで挿入し、チューブから栄養剤を流し込むという方法をとっている。
これは通称鼻注と呼ばれている。
どれぐらい飲めないかというと、エンシュアバニラとコーヒーフレーバーを混ぜても全くうけつけなかったぐらいである。
鼻注にすると、味覚を全く刺激することがないため苦痛がない。
毎晩これで900キロカロリー摂取している。
慣れてしまった今では楽にできるようになったが、最初はやはり簡単にはできなかった。

鼻注を始めたのは、約半年前からである。
病気になってからすぐは3食食べていたが、だんだんと炎症がひどくなってきたため、やっぱり導入しましょうということになったのである。
他の目的で入院する機会があったので、そのときに特訓することになった。

鼻からチューブを入れる感覚なんて
鼻から牛乳を飲んだことのある人ぐらいにしかわからないかもしれない。
つっかえるポイントは、鼻の奥と喉の2ヶ所である。
鼻から水が入ったときに鼻の奥がツンとする感覚と、
胃カメラを飲むときに喉のところでオエッとする感覚の両方を乗り越えなければならない。
ただし、チューブが非常に細いので実際はそこまでは苦しいなんてことはないけど。
初トライ時、鼻の奥は何とかクリアできた。
しかし、喉の所でどうしてもむせてしまい、それ以上先には進めなかった。

その時、たまたま同じ病室に既に鼻注をされている方がいた。
しかも同病。
親より少し若いくらいの年の離れた方ではあったが、話してみると
とっても気さくでいつもニコニコしていて、ぱっと見には病気には見えずイイ感じの人だなあと思った。
先生の提案で、その方にお手本を見せてもらうことになった。
私の目の前で、慣れた手つきでゼリーも使わずに10秒ぐらいでカンタンに入れてしまう。
これなら私にもできそうだと思った。
やってみたら、バッチリ一発で挿入できた☆

ビジュアルで覚えたからなのか、それ以降は
1,2回挿入失敗することはあっても3回ぐらいやってみたら
必ず胃まで入れることができるようになった。
注入するエレンタールの量も、最初は300キロカロリーを450ccの水でうすめたものから始めて、序々に増やして行き、一時期は
1200キロカロリー/800cc、150cc/1h
までできるようになった。
ただし、実践されている方はわかると思うのだが、
これはかなり乱暴な入れ方で
朝起きて、気持ち悪くなることもしばしばあった。
なので、今は無理をせずに
900キロカロリー/900cc、130cc/1h
で入れている。
まあまあ標準的なんじゃないだろうか。

成人が1日に必要とするカロリーは
体重×35~40キロカロリーといわれている。
当然、鼻注だけでは足りないので
あとの分はお昼にラコールというキャラメルっぽい味の
でも、まだ飲みやすい栄養剤と
夜はできるだけ消化のよい食事をとるようにしている。
平日は、わりかしいつもそんな感じである。
続きを読む
| trackback:0 | commnet:8 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

yukari (ゆかり)

Author:yukari (ゆかり)
3.16生 うお座
血液型:A型

*略歴*
5年前、原因不明の下痢に始まって毎晩の発熱・体重減少が続いたため、病院に通うも何の病気かわからず半年が過ぎる。検査入院でやっとクローン病という病気と診断され、それからこの病気とおつきあいする日々が始まったのでした。

小腸大腸型だが、主に小腸に潰瘍有。

検査歴:胃カメラ、小腸二重造影
    大腸内視鏡、小腸内視鏡

小腸カプセルカメラを飲んだこともありましたが、半年間排出されずに、口から内視鏡を入れて取りにいってもらいました…(T_T)

転院歴アリ。

クローン病アクセスランキングに参加しています。クリックをお願いします!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。